チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 新井邦宏's world
  3. 新井邦宏氏の言いたい放題 第3回

新井邦宏氏の言いたい放題 第3回

もしかして何か変?

ある方から「なかなかひどい内容の相場でほとんどへこみました。というか利益が無くなったということですが」とのメールを貰いました。
まあ、利益がはげたくらいならいいんじゃないですか。損してなければ。

私はいつも思うのですが、なかなか株で儲からない人は、何のためにこの「株の達人」を使っているのかなと考えさせられます。
ギャンは、向こうからやってくる列車を例にしていますが、真剣で相手に斬りつけられたらどうしますか?相手の刀をかわすか、斬られる前に逃げますよね。
これは斬られれば死んでしまうことが判っているからです。
これは、「相手が自分めがけて斬ってきた」と判断した為で、相手が斬ってきたのが判らなければ、判断する前に斬り殺されています。

「株の達人」を使えば、自分の持っている銘柄が、移動平均線を割り込んだり、転換線や基準線を割り込んできたことは、見れば分かるし、数字でも分かるはずです。
なのに、自分の資産が減る、つまり相場に斬られる可能性が増しているのに、逃げようともしないのは変じゃありませんか?
ヤバイと思ったら、いったん逃げて、状況を見計らって、もう一度コチラから斬りつければよいのじゃありませんか。
昔から、「肉を切らせて骨を断つ」と言われますが、斬られても生きていられる範囲なら良いですが、骨まで切られて立ち上がれなくなるのも考え物です。

相場を「株の達人」を使って儲けるということは、何も難しいことではなく、買いになれば買い、売りになれば売るという、ごくごく簡単なことをしっかり実行することなのです。
もちろん、相場分析の精度を上げることは大切ですが、それよりも、その通りに行動する方が、なんぼも難しいことです。
つまり、相場の動きに対して、如何に見切りポイント(テクニカルポイント)で後先考えずに行動(反応)するかが、1割の勝者になる道だと思うのですが。だとすれば、難しい理論も学歴も何もかも必要ないということです。

「株の達人」を使っていながら、なぜ損が嵩むのかといえば、根本的に何か考え違いがあるからでしょう。
テクニカルで相場を張るのがこの「株の達人」なのに、「達人」見ながらファンダメンタルズ考えているとか、「達人」見ながら自分の懐具合で相場を張っているとか。
少なくとも、相場下落で損が大きく増えているのに「変」と思わない人は、私から見ると「変」ですよ。
最近「変人」が増殖していると思います。
ここが直らない限り、どこかで大きく買いなら買いを持った時に、相場が下落して、一瞬にしてまたやられますよ。
斬られた傷が大きくなってからでは、その痛みで、もう逃げられないでしょう。
私は昔、大きな耐え難い痛みを経験し、もうその痛みを経験したくないからこそ、「いち早く逃げてかすり傷程度」に押さえ込むことに全力をあげています。

無料でお試し!新井邦宏氏が実際に使っている株の達人を試してみよう。

新井邦宏氏も使ってる!株価分析ソフト「株の達人」を試してみませんか?
1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。新井邦宏氏に直接質問したり、会員版の映像コメントをご覧いただけます。
株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3727
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ