チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 買い時・売り時必勝パターン
  3. 売り時パターン
  4. 高値圏で75日と200日移動平均線のDクロスは売り転換

高値圏で75日と200日移動平均線のDクロスは売り転換

株の達人では、おトクなキャンペーン実施中です!
株の達人 新春キャンペーン詳細はコチラ

株価の中期上昇局面でM型を形成しました。200日移動平均線を使った判断方法は「グランビルの法則」で知られています。
チャート上、どんな高値であっても上値を抜けたら、好業績であっても織り込み済みと見なければなりません。
今後の需要が期待されても、チャートでは75日移動平均線と200日移動平均線がDクロスしたら売り転換と見るチャートパターンです。

「株価は業績に先行する」という相場格言がありますが、株価が25日~75日移動平均線を下回るようであれば、いったんは売り場と判断します。
また75日移動平均線と200日移動平均線が高値を抜けなければ、高値形成というより上昇局面の終わりと見るパターンで、今後は下げ相場に向かうと見ます。


高値圏で75日と200日移動平均線のDクロスは売り転換のチャート アドバンテスト(6857)

無料でお試し!様々な分析ノウハウを実際の株の達人で試してみよう!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。実際に株の達人を使ってチャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ