チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

割安株の定義

財務業績と一株(純資産)株主資本

財務業績・含み資産、債務などは、最終的に一株株主資本に集約し株価に反映されます。一株株主資本に対する株価比は将来(2.3年後)から見たPBR(株価純資産倍率・price・book-value・ratio)を物差しに割安と判断されれば買われます。値上がりする株は、これらを分析して将来的に株価価値が上がるものです。

逆に将来の株価価値を割り出して、現在が割高に見える場合、価値に収斂します。株価としては割高分だけ値下がりすることになります。(この様な見方は、新興市場株は除きます)

多くの方が株式投資と思って株式売買していますが、実際の株価価値を考えて売買をしている方は少なく、多くは株式投機を株式投資と思っています。

株価価値のある株を中長期で保有すれば、多少の乱高下はあっても、実際の株価価値より値上がりしますが、株式投機の場合は、実際に株価価値より割高な株を売買するため、損失が出た時、中期で塩漬けすると、株価は実際の価値に向かって値下がりするため、大幅な損失となります。

価値のある株は、長く持つことで有利になりますが、価値の無い株を長くもつことは損失を大きくするだけですから、このポイントを理解し、ダメな株は早めにロスカットすることをお奨めします。

→株の達人の財務業績については詳しくはコチラをご覧ください。

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ