チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 投資のノウハウ
  3. 指標の見方・使い方
  4. 需給指標
  5. レシオケーターの見方・使い方

レシオケーターの見方・使い方

株の達人では、おトクなキャンペーン実施中です!
株の達人 新春キャンペーン詳細はコチラ

レシオケーターとは個別銘柄と日経平均株価との関係の推移を見るもので、個別銘柄の上昇率や下降率が全体の相場より大きいか、小さいかなどで計る指標です。

この指標は個別銘柄の値動きだけにとらわれることなく、その銘柄の人気の度合いを市場全体との関係で掴めるので便利です。

レシオケーターの見方・使い方

  • レシオケーターが上昇傾向の銘柄は、全体の銘柄(日経平均)より投資効率のよい銘柄です。買いの対象はこれに絞るとよいでしょう。
  • レシオケーターが下降から上昇へ屈折した位置を、最も重要なポイントとしてマークして買いのタイミングを見ます。
  • レシオケーターが下降傾向の銘柄は、全体の銘柄(日経平均)より投資効率の悪い銘柄です。
  • 日経平均の上昇・下降率と同じくらいの動きをしている銘柄のレシオケーターは横ばいになります。レシオケーターはボックス相場の「アヤ取り」よりも、市場全体が上昇に転じた局面でその威力を発揮します。

レシオケーターの見方をチャートで解説


レシオケーターの作成方法(計算式)

計算式

※保有データの「その銘柄と日経平均の両方の値が入っている最過去の日付のそれぞれの値」です。
例)3664モブキャストは2012/6/27に上場しています。 上場日に値がついているので、この銘柄の最過去は2012/6/27です。 日経平均もそれ以前に値がありますので、両方の値が揃った最過去は 2012/6/27です。 ですので、6/27のモブキャストと日経平均それぞれの値を使って計算します。

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ