チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 投資のノウハウ
  3. 指標の見方・使い方
  4. テクニカル分析指標
  5. バンド幅(ボリンジャーバンド)の見方・使い方

バンド幅(ボリンジャーバンド)の見方・使い方

株の達人では、おトクなキャンペーン実施中です!
株の達人 新春キャンペーン詳細はコチラ

ボリンジャーバンドのバンド幅の収縮や拡大を判断するための指標です。

バンド幅の値が低ければボリンジャーバンドが収縮状態にあり、値が高ければ幅が拡大した状態であると判断します。
その銘柄ごとによってバンド幅の値の大きさが異なりますが、その銘柄の過去と比較して、相対的にバンドの幅が収縮または拡大状態にあるのかを判断することができます。
そのため主にバンドの収縮と拡大を利用した順張り法の判断に役立つ指標といえ ます。

バンド幅(ボリンジャーバンド)の作成方法(計算式)

(上部のバンドの値-下部のバンドの値)÷中心線の値

バンド幅(ボリンジャーバンド)の使用日数

20日 25日 75日


バンド幅(ボリンジャーバンド)の見方をチャートで解説

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ