チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

指数平滑移動平均線の見方・使い方

指数平滑移動平均線は、単純移動平均線よりも直近の価格に比重を置き、「MACD」のもとになった移動平均線です。

移動平均線の違い

期間の終値を単に平均しただけの単純移動平均線に対して、加重移動平均線、指数平滑移動平均線は、直近の価格に比重を置いています。
よって、単純移動平均線と比べて相場の動きに早く反応するので、トレンドの転換を早めに確認できます。しかし、その分、ダマシも多くなるので、注意が必要です。
直近の価格の比重の置き方が、加重移動平均線が直近の価格に徐々に比重を置いていくのに対して、指数平滑移動平均線は、さらに直近の価格に比重を置き、直近の価格に比重を高く反映させ、残りの日は影響を低く構成して算出します。

単純移動平均線・加重移動平均線・平滑移動平均線の違い

指数平滑移動平均線の作成方法(計算式)

最近の価格に比重を置き、過去になればなるほど比重を軽くして平均値を決定します。
比重の減少度合いは「平滑化係数」と呼ばれる0と1の間の値を取る定数α(平滑定数)で決められます。

n日間の指数平滑移動平均
1日目=(当日も含め)n日の終値の平均
2日目以降=前日の指数平滑移動平均+α×{当日終値-前日の指数平滑移動平均}
※α(平滑定数)=2÷(n+1)

3日間の指数平滑移動平均線の作成

例えば、使用日数を3日と設定します。α(平滑定数)は2÷(3+1)=0.5 です。

終値 3日間指数平滑移動平均
2011/05/12 500  
2011/05/13 510  
2011/05/16 520
1日目 (500+510+520)÷3=510
2011/05/19 530
2日目 510+(0.5×(530-510))=520
2011/05/20 540
3日目 520+(0.5×(540-520))=530
2011/05/19 555
4日目 530+(0.5×(555-530))=542.5



指数平滑移動平均線の見方・使い方

基本的な使い方は単純移動平均線と同じです。
また、より早く売買タイミングをつかむために単純移動平均線の補完として併用します。

→一般的に使う移動平均線の日数
→移動平均線の買いと売りの基本パターン
→グランビルの法則の売買パターン

★平滑移動平均線(GMMA)を活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→GMMAを活用した売買手法(株の達人・動画解説)

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ