チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 投資のノウハウ
  3. 指標の見方・使い方
  4. テクニカル分析指標
  5. 株価移動平均線の見方・使い方(1)~移動平均線の基礎

株価移動平均線の見方・使い方(1)~移動平均線の基礎

移動平均線は、当日から遡ったある一定期間の終値平均値を、1日ずつずらし、グラフ化し、日々の株価の傾向をみようとする指標です。
特徴は株価の動きを一つの流れとして捉えることです。
作成方法は極めて簡単で、10日移動平均線であれば10日分の終値を合計して10で割ります。考え方からいえば、その期間の平均株価です。
移動平均線の方向性から中長期の判断を、移動平均線に対する株価のカイリから目先の判断をします。
また、その期間に売買した投資家の平均コストを示しているので、日々の株価と比較して「プラスかマイナスか」がわかります。

直近の価格に比重を置いた「加重移動平均線」「指数平滑移動平均線」もあります。
直近の価格に比重を置いている分、相場の動きに早く反応するので、トレンドの転換を早めに確認できます。

→株価移動平均線の見方・使い方(2)~グランビルの法則で買いパターン・売りパターンを知る

移動平均線の見方とポイントを動画でご紹介

移動平均線はテクニカル分析の基本となります。
チャートを読み解くには基礎を理解することがとても大切です。


※動画が見られない方は http://youtu.be/Rv5Pbhdv4z8 をご覧ください。
※youtube動画の再生には、スピーカーもしくはヘッドホンが必要です。
スピーカーもしくはヘッドホンがない(音声を再生できない)状態で再生しますと、エラーが発生して動画が再生できない可能性がございます。

動画の再生に関する問題は、下記youtubeヘルプをご参照ください。
https://support.google.com/youtube/topic/3014746?hl=ja&ref_topic=3014327

★他にも移動平均線を活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→移動平均線を使ったトレード方法(株の達人・動画解説)

移動平均線で見る買いと売りの基本パターン

移動平均線を投資実戦時に使用する目安

5日移動平均線・・・・・・・目先の株価の傾向を掴む

移動平均線で見る買いと売りの基本パターン・目先を見る

5日間平均より株価が上回っていれば目先値上がりは続き、逆に下回ると反落すると言った目先の判断に有効です。




25日移動平均線・・・・・・・短期と中勢的な株価動向をさぐる
75日移動平均線・・・・・・・中期的な株価動向をみる


移動平均線で見る買いと売りの基本パターン・短期

25日移動平均線と75日移動平均線の2線を合わせて使うことが、基本的活用法です。
2線のゴ-ルデンクロスからデットクロスまでの期間は、相場人気の物差しになります。
25日移動平均線と75日移動平均線の価格差が広がると、株価は調整に近づき、2線の幅が均等なまま上昇すると相場の息は長くなります。
また75日移動平均線が上向きで25日移動平均線が接近すると押し目になります。

上昇相場では75日移動平均線が上向きで、上に25日移動平均線があり、下降相場に転じた場合、25日移動平均線は下回り(デットクロス)、その後2線が下向きに転ずると、調整が長びく場合と一相場が終わる場合があります。



200日移動平均線・・・・・・・中、長期的な株価動向をみる


移動平均線で見る買いと売りの基本パターン・中長期

株価の長期のトレンドを見ます。
基本的には下向きで株価の上にあれば中期的に下降基調、上向きで株価の下にあれば上昇基調、横バイか上向きで株価とのカイリがなくなれば底として見ることができます。

▲ページ先頭へ

→株価移動平均線の見方・使い方(2)~グランビルの法則で買いパターン・売りパターンを知る

移動平均線の作成方法(計算式)

毎日の終値をA、移動平均日数を(5)日とします。
例えば、使用日数を参考に5日と設定します。

移動平均線の作成方法

終値 5日間の平均
1 A1 500    
2 A2 510    
3 A3 520    
4 A4 530    
5 A5 540 N1 520
6 A6 550 N2 530
7 A7 560 N3 540

5日間の移動平均線

N1=(500+510+520+530+540)÷5=520

N2=(510+520+530+540+550)÷5=530

N3=(520+530+540+550+560)÷5=540
移動平均線の見本

一般的に使う移動平均線の日数

日足:5日・10日・25日・75日・200日

週足:9週・13週・26週・50週

月足:6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月・60ヶ月


→株価移動平均線の見方・使い方(2)~グランビルの法則で買いパターン・売りパターンを知る

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ