チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

ピボットの見方・使い方

株の達人では、おトクなキャンペーン実施中です!
株の達人 新春キャンペーン詳細はコチラ

先物市場で開発された短期的な売買をするための指標です。
ピボットを中心とし、支持線と抵抗線の範囲内で翌日の株価の変動を予測します。
売り買いのポイント設定、損切り・乗せなどの設定できるので、実際の売買に応用しやすい指標です。
別名「リアクション・トレンド・システム」といいます。

ピボットの見方・使い方

HBOP・S2・S1(抵抗線)とB1・B2・LBOP(支持線)の6本のラインを用いて翌日(週・月)の相場の動き見ます。
また、トレンドを捉えることもできます。支持線(B)と抵抗線(S)の幅が狭くなってくるとトレンド変化の兆しです。
逆に幅の拡大は株価ぶれリスクが高まると見ます。(株価がHBOP以上では「上昇トレンド」、株価がLBOP以下では「下降トレンド」)

ピボットは通常、逆バリ的な見方をします

  1. B1・2(支持線)接近で買い、S1・2(抵抗線)接近で売りとなります。
    LBOP・HBOPをポイントとして判断する場合は、株価がHBOP上抜きで買い、LBOP下抜きで売りとなります。
  2. もみ合い相場での利用は、買いの場合はLBOPは損切りライン・HBOPは買い乗せ、売りの場合はHBOPは損切りライン・LBOPは売り乗せとなります。

売買手法を順バリで考える場合

  1. B1・2(支持線)接近で売り、S1・2(抵抗線)接近で買いとなります。
    LBOP・HBOPをポイントとして判断する場合は、株価がHBOP上抜きで売り、LBOP下抜きで買いとなります。
  2. もみ合い相場での利用は、買いの場合はHBOPは損切りライン・LBOPは買い乗せ、売りの場合はLBOPは損切りライン・HBOPは売り乗せとなります。

*株の達人では、チャート画面上で1回クリックしていただくと、上図のようにピボットを先行表示させることができます。再度クリックすると元の状態に戻ります。

ピボットの見方をチャートで解説

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ