チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

一株当たり株主資本・PER・PBR

一株あたり純資産とは

純資産に基づいて算出し、1株当りの価値をみます。割安、割高の株を見分ける指標です。

【算式】純資産÷(発行済株式数-自己株式数)(円)

本来、株式投資は会社の成長性を見込んで投資します。
成長性があり、なおかつ割安な銘柄に投資ができれば理想的ですね。
株価が1年そこそこで10倍なんていう銘柄も珍しくはありません。 そんな優良銘柄ばかりではありませんが、中長期投資スタイルには、割安度の分析は欠かせません。

参考度合いが高いPER・PBR

割安度を判断する指標としてよく使われるのが、PER、PBRなどがありますが、ここでは一歩踏み込んで、一株当り株主資本による判断を考えて見ます。

「1年間の企業活動の結果は、最終的に1株当り株主資本に反映する」
この考えを大前提とし、一株当り株主資本の伸びから将来の株価上昇幅を考えます。増収増益で割安の判断がつかない企業の場合は、どの程度までの上げ余地があるのかどうかを考えます。

また、1株当り株主資本の増減が、何に起因するかを考える際には、バランスシートもチェックします。
キャッシュフローの動きをチェックすることは、企業の現金を含めた資産の動きを判断することになります。これにより、企業の資産価値を判断するわけです。 例えば、設備投資のための社債発行や借り入れが発生し、当期利益額よりも負債が増える場合があります。こんなケースは、株式価値を下げる要因となります。 逆に負債が減ったり、リストラ効果などでキャッシュフローが上がる場合、今後は1株利益もあがっていく可能性が高いと見ることもできます。

現在の財務状況のみで判断することなく、前期との増減率、バランスシートのチェックなどが、割安株をみつけるための早道となります。

PER

【読み方】ぴーいーあーる
【見方】その会社の株式が1株当たり利益の何倍まで買われているかを表す。割安、割高の株を抽出する際にキーとなる指標。
【説明】PriceEarningRatioの頭文字をとったもので、株価収益率ともいう。株価を1株当たり利益で除算した数値。
【算式】株価÷1株当たり利益(倍)

PBR

【読み方】ぴーびーあーる
【見方】その会社の株式が1株当たり株主資本の何倍まで買われているかを表す。割安、割高の株を抽出する際にキーとなる指標。
【説明】PriceBookvalueRatioの頭文字をとったもので、株価純資産倍率ともいいます。株価を1株当たり株主資本で除算した数値。
【算式】株価÷1株当たり純資産(倍)

→株の達人の財務業績については詳しくはコチラをご覧ください。

★PERを活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→PERを使って好業績で割安な銘柄を探そう(株の達人・動画解説)

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ