チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 投資のノウハウ
  3. 指標の見方・使い方
  4. 需給指標
  5. VWAP(ブイワップ)の見方・使い方

VWAP(ブイワップ)の見方・使い方

VWAPは株の達人マルチチャートのみ表示可能です。
VWAP(ブイワップ)とはVolume Weighted Average Priceの略称で、日本語では「出来高加重平均価格」といいます。
VWAPは当日の取引所で成立した価格を価格ごとの売買高(出来高)で加重平均した価格を指します。

取引実態に近い平均的な約定値段として、主に機関投資家の執行価格の目標値として用いられています。
株価がVWAPを上回っている時は、今日買った人全員の損益を合計したらプラス、逆に株価がVWAPを下回っている場合はマイナスといえます。

VWAPの作成方法(計算式)

1日の総売買代金÷1日の総出来高
(1日の総売買代金=約定価格×約定株数を1日分足したもの)

(ただし、株の達人では保有しているタイム&セールズのデータの上限が15000本のため、15000本を超えた場合は15000本分のVWAPを算出する仕様となっております。)

VWAPの見方をチャートで解説

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ