チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 投資のノウハウ
  3. 指標の見方・使い方
  4. テクニカル分析指標
  5. 株価移動平均2線カイリの見方・使い方

株価移動平均2線カイリの見方・使い方

長期移動平均線を基準に、短期移動平均線がどれだけ離れているかを見る指標です。

売買タイミング

株価移動平均2線カイリの向きが、ゼロ以下で下向きから上向きに転換した時買いタイミング、ゼロ以上で上向きから下向きに転換した時売りタイミングになります。

  • 75日移動平均線と25日移動平均線のカイリ率が、12%~15%以上の場合、株価と大きく離れているため天井圏に近いと見ます。
  • 75日移動平均線と25日移動平均線のカイリ率が、-15%以上の場合、株価は底値圏に近づいていると見ます。

2線カイリの見方・使い方をチャートで解説

2線カイリの見方・使い方

  1. 株価移動平均2線カイリがゼロを下回っている時は、短期移動平均線が長期移動平均線を下回っています。
    株価移動平均2線カイリがゼロを上回っている時は、短期移動平均線が長期移動平均線を上回っています。

  2. 株価移動平均2線カイリがゼロの時は、短期移動平均線と長期移動平均線が交差している状態です。
    株価移動平均2線カイリがゼロを下から上へと抜けた時、短期移動平均線と長期移動平均線がGクロスになっている状態です。
    株価移動平均2線カイリがゼロを上から下へと割り込んだ時、短期移動平均線と長期移動平均線がDクロスになっている状態です。

  3. 株価移動平均2線カイリの向きの転換によって移動平均線の動向を判断します。
    株価移動平均2線カイリがゼロを下回っている時に、下向きの場合は短期移動平均線と長期移動平均線の幅が拡大している状態です。
    同線が下向きから上向きに転換した時は、短期移動平均線と長期移動平均線の幅が拡大から縮小に転換していますので、Gクロスの可能性があることを表します。
    株価移動平均2線カイリがゼロを上回っている時に、上向きの場合は短期移動平均線と長期移動平均線の幅が拡大している状態です。
    同線が上向きから下向きに転換した時は、短期移動平均線と長期移動平均線の幅が拡大から縮小に転換していますので、Dクロスの可能性があることを表します。

2線カイリの作成方法(計算式)

計算式

2線カイリの使用日数

日足:25日・75日
短期移動平均線  25日
長期移動平均線  75日

週足:13週・26週
短期移動平均線  13週
長期移動平均線  26週

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ