チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

平均足(コマ足)の見方・使い方

平均足(コマ足)は、値動きのブレを排除してトレンドをわかりやすく捉えられるようにローソク足に修正を加えた指標です。
FXをされる方には人気の指標です。

平均足(コマ足)の見方・使い方

  • 陽線は上昇トレンド、陰線は下降トレンド
  • 陽線・陰線問わず、前日の実体線より短い実体線が出たらトレンドが変化する兆候
  • 陽線で下ひげが出た場合は売り、陽線でも下ひげが長いほど弱気相場
  • 陰線で上ひげが出た場合は買い、陰線でも上ひげが長いほど強気相場
  • 実体の短線、特に寄り引けが同値であり、上下にひげがつくとトレンドの変化

平均足(コマ足)の特徴

日経225ミニ先物の日足チャートを表示しています。チャート画面の上段にローソク足、下段に平均足を表示しています。

平均足(コマ足)の見方・使い方をチャートで解説

日経225ミニ先物は、平均足が陽線(赤色)のときは上昇基調、陰線(青色)のときは下降基調となっています。

また、上昇基調の時の特徴に、平均足の陽線に下ひげが出ない傾向になります。反対に、下降基調の時の特徴に、平均足の陰線に上ひげが出ない傾向になります。

したがって、平均足の陽線に下ひげが出た場合や陰線に上ひげが出た場合は、トレンド転換の可能性を暗示しています。

平均足とテクニカル指標を組み合わせる方法

平均足とMACDを組み合わせた日足チャート

東証1部の新日本製鐵の日足チャートと平均足を比較すると、平均足が陽線の時は上昇基調で、陰線の時は下降基調となっています。

平均足(コマ足)とMACDを組み合わせたチャートを解説
しかし、2009年11月初旬では、下降基調の途中で平均足が陽線となっています。また、12月下旬や2010年3月中旬には、上昇基調の途中で平均足が陰線となっています。これらの場面では、トレンド継続の途中で平均足が一時的なトレンド転換をしています。つまり、平均足に一時的なダマシが起きている状態です。

このダマシを排除するため、その他のテクニカル指標を組み合わせる方法があります。

今回は、平均足にMACDを組み合わせてチャート表示しています。

MACDのクロスは、トレンド転換を捉えるタイミングが若干遅れる欠点がありますが、MACDとシグナルがクロスするとトレンド転換しています。その後、平均足が陽転や陰転した場合でも、MACDとシグナルがクロスしていなければ、トレンドが転換と判断しません。

つまり、MACDを併用することで、トレンドを継続しているかどうかの確認ができることになります。

その他にも、平均足にボリンジャーバンドやRSIなどを組合わせる方法もあります。

平均足(コマ足)の作成方法(計算式)

  第1日目 2日目以降
始値
(前日始値+前日高値+前日安値+前日終値)/4
(前日平均足の始値+前日平均足の終値)/2
高値
当日高値
当日高値
安値
当日安値
当日安値
終値
(当日始値+当日高値+当日安値+当日終値)/4
(当日始値+当日高値+当日安値+当日終値)/4

高値・安値はローソク足の高値・安値と同じですが、始値と終値の計算方法が違います。

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ