チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

三日平均線の見方・使い方

3日間あるいは、3週間の値動きを平均しますが、3日間が短期的な動向を、3週間が中長期的な動向を示すとされています。 日々の値動きを平均化することにより、トレンドを見極め、終値がトレンドの継続や変化を見極めると考えた手法です。

三日平均線の見方・使い方

変化接近
実体線に黒丸・赤丸
1.実体線に黒丸・赤丸が入っている
2.陽線で黒丸が下に出る
2.陽線で黒丸が下に出る
3.陰線で赤丸が上に出る
3.陰線で赤丸が上に出る
天井・底値

非常に短い実体線

非常に短い実体線
天井・底値の前兆
影線(ヒゲ)が非常に長くなる
影線(ヒゲ)が非常に長くなる
変化の前兆
前日線の中にはらむ
前日線の中にはらむ
天井・底値

非常に短い実体線

非常に短い実体線
天井・底値の前兆
影線(ヒゲ)が非常に長くなる
影線(ヒゲ)が非常に長くなる
変化の前兆
前日線の中にはらむ
前日線の中にはらむ
勢いがつく
前日線をつつむ
前日線をつつむ
流れの中

影線(ヒゲ)が短くなる

影線(ヒゲ)が短くなる(陰線の場合も同じ)
相場の変化
実体線が極めて短くなり、上影・下影の線が伸びる傾向
実体線が極めて短くなり、上影・下影の線が伸びる傾向
相場の緩
陽線の黒丸    陰線の赤丸
陽線の黒丸  陰線の赤丸
上昇強
上影よりも上に赤丸
上影よりも上に赤丸
下降強
下影よりも下に黒丸
下影よりも下に黒丸
 

上昇する連続陽線、または下降する連続陰線の中に【変化接近】【天井・底値】【天井・底値の前兆】【相場の変化】が出現した場合、強いシグナルとみる。

三日平均線の見方をチャートで解説

三日平均線の作成方法(計算式)

まず、n日間の平均線の4本値をそれぞれ算出します。

始値...n日間の始値の平均値
高値...n日間の高値の平均値
安値...n日間の安値の平均値
終値...n日間の終値の平均値

算出した4本値でローソク足を作成します。作成したローソク足の中に、当日の終値を記入します。
終値は、実体線の中心より上を赤丸、下を黒丸で記入します(*)。
実体線より上下にはみ出る時は、実体と点線(または実線)でつなぎます。
*株の達人では、赤丸・・桃色+、 黒丸・・水色+ で表記されます。

三日平均線の使用日数

日足 3日
週足 3週 5週

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ