チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 投資のノウハウ
  3. 指標の見方・使い方
  4. テクニカル分析指標
  5. ローソク足の見方・使い方(1)~ローソク足とは

ローソク足の見方・使い方(1)~ローソク足とは

ローソク足は日本のチャートの代表であり、世界で一番精巧に工夫されている罫線であるといっても過言ではないでしょう。この足型は4本値(始値・高値・安値・終値)を使用しローソクの形に表したチャートです。

始値よりも終値の方が高いものを陽線といい白ヌキで、始値よりも終値の方が安いのを陰線といい黒ヌリで表します。また安値と高値は上下に突き出したヒゲと呼ばれる線で表します。 ローソク足には日足、週足、月足、年足などの種類があります。
陽線と陰線
→ローソク足の見方・使い方(2)~買いシグナル・売りシグナル
→ローソク足の見方・使い方(3)~足型で見る天井・底値

陰線と陽線

「陰線」とは始値に対し終値が安い物、「陽線」とは始値に対して終値が高い物です。陽線が陰線より強いのはいうまでもありません。上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。 また極めて大切な足の一つには「寄引同時線」があります。終値と始値が同値で実体部分のない足で、相場の転機に出ることが多いのが特徴です。

実体とヒゲ

ローソク足の実体の上についた陰を「上ヒゲ」、下についた陰を「下ヒゲ」といいます。ヒゲのついていないローソク足は「丸坊主」といいます。
ヒゲを伴う線は実体の別や長さで大まかな強さのニュアンスをみます。


ローソク足2本を見る

ローソク足は単一のままでも意味を持っていますが、より確度の高い予想を立てるために二本の組み合わせを理解しましょう。

【1】不連続線(窓)

不連続線不連続線とは二本のローソク足が値をとばし並んでいるものです。この二本のローソク足の空間を「窓」と言います。窓はその時点における人気の片寄りを示しています。そのため窓は長大陽線、長大陰線と同様の意味を持ち、相場の転機によく現れます。

上昇相場では「押しは窓まで」、下降相場では「戻りは窓まで」とよく言われます。利用度の高い格言として覚えておきましょう。

【2】連続線

連続線の種類はあまりに多種多様なので、基本的な考え方と、代表的な2、3例を挙げます。

【はらみ線】

比較的大きい陰陽線に小さい陰陽線がすっぽりおさまっている型を「はらみ」と言います。短期的に目先、一服するところで現れる型の代表です。 小さな陰陽線のかわりに「寄引同事線」が高値で出現すれば天井、下値で出現すれば底の確認になることが多いと言われています。

はらみ線

【つつみ線】

はらみ線とは逆で小さな陰陽線のあとに、この陰陽線をつつむ大きな陰陽線が続く型です。高値圏でのつつみは天井暗示、安値圏でのつつみは底値暗示となります。 小陰陽線が寄引同時線の場合、より信頼度が高まると言えます。


【かぶせ線】

上昇途中で上放れて寄りついたあと、前日の値幅内で引けた線を「かぶせ」といいます。上昇しようとする力を上から押さえ込む型と言えます。 前日の陽線の安値を切らなければ、押し目買いのポイントであり、かぶせの高値を抜いたところが「買い信号」です。

かぶせ線

ローソク足を活用した売買方法を動画でご紹介

ローソク足の足型によるサインとしては昔から様々なパターンがあります。
昨今の相場でもつかえる反発と反落のサインとして4つのパターンに絞って、その見方と意味を解説いたしました。


※動画が見られない方は http://youtu.be/iP4qGQj5xPk をご覧ください。
※youtube動画の再生には、スピーカーもしくはヘッドホンが必要です。
スピーカーもしくはヘッドホンがない(音声を再生できない)状態で再生しますと、エラーが発生して動画が再生できない可能性がございます。

動画の再生に関する問題は、下記youtubeヘルプをご参照ください。
https://support.google.com/youtube/topic/3014746?hl=ja&ref_topic=3014327

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ