チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

新値足の見方・使い方

新値足は日本の代表的なチャートの一つであり目先の小さな株価変動にとらわれることなく、相場の流れの転機を知るために開発された指標です。

新値足チャートは株価の終値を用い、上昇相場では以前の高値を抜いた時に、下降相場では以前の安値を下回った時に初めて行を変え新しい足を記入します。 上昇時は白ヌキで、下降時は黒ヌリで記入します。

一般的によく使われるのが「新値三本足」で、高値や安値が続いている時は新しい足を次々に引きますが、相場の方向が上昇→下降 下降→上昇と変化した時はすぐに足を書き入れません。 転換点を確実にとらえ、売買のタイミングを逃さないために前の三本の足を抜く変化があった時だけ足を加えます。三本が過去の経験から適切であるとされています。

新値足の見方・使い方

  • 新たな陽線が出現した時(陽転)が買いサインです。
  • 新たな陰線が出現した時(陰転)が売りサインです。
  • 陽転の場合、その前に続いている陰線の本数が多いほど、その後の値上がりが見込まれます。
  • 陰転の場合、その前に続いている陽線の本数が多いほど天井を意味します。
  • 陽転・陰転はそれだけで相場の転換を示していますが、より確実に見極めようとするのであれば、二本目の陽線・陰線がでた時をタイミングとするのがよいでしょう。
  • 前項に関して、二本目の足は小幅ほどよいとされます。転換以前の相場に戻そうとする動きを封じ、反対売買をこなしながら新値をつけたことを意味するからです。
  • 何本目かの陽線が前の陽線集団の最高値を上回れば、抵抗線の突破ととらえ買い乗せの好機となります。
  • 何本目かの陰線が前の陰線集団の最安値を下回れば、支持線の突破ととらえ売り乗せの好機となります。

▲ページ先頭へ

新値足の作成方法

新値3本足の作り方大引値が新値を更新する度に、行を変えて罫線を記入していきます。

つまり、上昇過程では前の高値を抜けば行を変えて陽線を記入し、また、下降過程においては前の安値を下回ると行を変えて陰線を記入します。

左図は、新値三本足の作り方を示したものですが、新値三本足の場合は、転換する場合、三本陽線(もしくは陰線)を抜いた時、始めて陰線(もしくは陽線)を記入します。

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ