チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

ADX(ADX・R)の見方・使い方

DMIと同様に、J.W.ワイルダー氏が考案した相場のトレンドの強さを見るための指標です。
トレンドの強さの指数であるADXと、ADXの向きを確認するADXRを用いて判断します。

ADX(ADX・R)の見方・使い方

ADXが反転した時をトレンド発生時点、終了時点と見ます。

ADXが上向きに変化したらトレンドの開始、上昇中はトレンドの継続、下向きに変化した時点をトレンドの終了、下降中はトレンドのない状態と判断します。

つまりADXは上昇トレンド、下降トレンドそれぞれの強さと継続性を表しています。
そのためADXの上下が株価の上下と連動するわけではありません。

ADXにADXRを組み合わせることで、向きではなくそれぞれのゴールデンクロス、デットクロスでトレンド転換を判断する見方もあります。

ADXはDMIと組み合わせると、より効果的です。
→DMIの見方・使い方はコチラ

+DIが-DIを上抜けば上昇トレンド発生の買いサインです。その際ADXの向きでトレンドの継続性を判断します。またポジションをホールド中にADXが下向きに転換した際はトレンドが終了した売りサインと見ます。±DIで買いと売りのそれぞれのトレンドの発生(仕掛け)を判断し、ADXでトレンドの終了(手仕舞い)を判断します。

DMIとADXを組み合わせた基本パターン

買いパターン
+DIが-DIを上抜き、ADXが上昇傾向の上向きであれば新規買い

+DIが-DIより上に位置している際に、ADXが下向きから上向きに転換した場合も

新規買い
ADXが下向きとなったら手仕舞い売り

空売りパターン
-DIが+DIを下抜き、ADXが下落傾向の下向きであれば新規空売り

+DIが-DIより下に位置している際に、ADXが上向きから下向きに転換した場合も 新規空売り

ADXが上向きになったら手仕舞いの買い戻し

ADXの見方・使い方をチャートで解説

ADX(ADX・R)の作成方法(計算式)

ADXはDXの移動平均線なので、ADXを算出するために、まずDXを算出します。
DXは、+DI、-DIの差の絶対値を+DI、-DIの合計で割った数値です。
(+DI、-DIの作成方法は、DMIを参照)
→DMIの見方・使い方はコチラ

*1(下図参照)
DX=(+DI)-(-DI)(絶対値)/(+DI)+(-DI)×100    
*2(下図参照)
ADX=DXのn日平均値

*3(下図参照)
ADXR=DXのk日平均値

(ADXとADXRは同じDXを平均化したものです。一般的にADXよりADX・Rの方に長い本数を入れて使うことが多いです。例:ADX=14日、ADXR=28日)

ADX(ADX・R)の使用日数

日足 14日

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ